Archive for the ‘FX格言集’ Category

ウワサで買って事実で売れ

水曜日, 1月 30th, 2013

ウワサで買って事実で売れの解説をしておきますと、Buy the rumor,sell the fact.というアメリカでよく使われる格言から来ているものでウワサが流れてきた段階で買っておき、事実として発表されたりウワサどおりの展開になったら売ったほうがいいということです。株式やFXといったものは人の動きで値動きが変わっていくわけですが事実が発表されると皆が同じ方向で買いに走るため後は下がるだけが多いことを示しています。


実際、最近の欧米の中央銀行の政策決定などに関してはウワサの段階でこうなるのではという情報が流れると為替も動き出す事が多いのですが、結果として政策決定会合が開催されてウワサどおりの決定が発表された段階でSell on Factとなり値を下げ始めるということがかなり多く見られるようになっています。実際の市場ではこの格言どおりの動きとなることが多いのでぜひ頭の片隅に覚えておいていただきたい言葉であると言えます。

下手なナンピンケガのもと

水曜日, 1月 30th, 2013

投資における心理で気を付けなければならないことについての様々な格言がある。そのひとつが「下手なナンピンケガのもと」である。まずナンピンについての解説であるが、ナンピンとは「難平」と書く。難とは難儀なこと、つまり値下がりなどによる損失のことを言う。この損失をできるだけ平らにしようと、買った株が値下がりした場合、さらに買い増すことによって買いの平均コストを下げ、次の上昇時に利食いしやすくすることをナンピンと言う。


トレンドに逆らうナンピンはリスクの高い行為のため、損失が拡大する可能性があり注意が必要という教えである。ナンピンは資金に余裕があれば有効な投資方法である。しかし今後上昇する可能性に期待できない場合、さらに下がって損失を拡大してしまう。相場が基調的に上向きか、下向きかを見極めたうえでナピンすることが大切であり、リスク管理さえきちんと出来ていれば、ボックス圏で動いている相場などには有効な投資方法となる。

有事のドル買い

水曜日, 1月 30th, 2013

為替投資の世界には、有事のドル買いという格言があります。有事のドル買いの解説を行うと、有事の際、アメリカの通貨であるドルを買うべきでることを指す言葉なのです。アメリカのドルは、基軸通貨とも呼ばれており、世界の通貨の価値の基準となる通貨であり、アメリカ自体が大国であることで、価値が安定している通貨と言われています。価値が安定しているということは、その通貨を保有することで、金融資産の価値を守れることを表しているのです。


有事とは、主に軍事的な緊張を指すことがあります。軍事的な緊張が起こっている国の通貨は、価値が下落する傾向があります。その為、その通貨を保有していると、資産の価値が下がってしまう危険性があるのです。これを防ぐことが有事のドル買いの目的ですが、現在ではこの格言に従って取引を行うことで、取引の機会とする投資家も多くいます。従って、為替投資を行う投資家としては、有事が起こった際にドル相場の動きに注目しておくことが必要不可欠と言えます。

利食い千人力

水曜日, 1月 30th, 2013

利食い千人力とは、文字通り利食いは千人の味方にも匹敵する位の価値があることで、利が乗っている時が利益を確定させる時であることを意味します。外貨投資において保有している通貨が上昇している時、更に上昇するだろうと思っている投資家は実に多いものです。為替相場は何時までも上昇し続けるわけではないため、下落する前に利益を確定し確保するのが望ましいわけです。更なる上昇を期待して利が乗っているポジションを放置しておくと、


為替相場が下落した際に利益がなくなるどころか、含み損を抱えてしまうことにもなりかねません。この格言の解説をすると、ある程度の利益が出たところで利益を確定させ、欲をかかないのが賢明であると言うことです。ポジションが利に乗った時に何処で利益確定するかということは、外国為替だけでなくどの相場においても難しいことの一つで

保合い放れにつけ

水曜日, 1月 30th, 2013

保合い放れにつけの解説を詳しくするとこういう感じです。相場は常に上昇したり下落したりしているわけではありません。激しくトレンドが出ている間はその方向に動いていくことが多いですが、相場を動かすエネルギーが少なくなるとちょっとしたニュースで相場が動きます。しかしそれも大きく動かすには物足りない場合があります。そうなるとサポートラインとレジスタンスラインの間で、行ったり来たりすることになります。これは期間が長くなる場合もあります。


上下の抵抗をどちらにも動けないで狭い値幅で動いている間に相場は大きなエネルギーを貯めていっています。このエネルギーをためる時間が長ければ長いほど、サポートラインやレジスタンスラインをブレイクしたときその方向へ大きく値を動かす可能性が高くなります。これが放たれた状態です。値動きの大きい通貨ペアが放たれた状態のときは大きなチャンスです。その方向への投資をいいポジションで参加して、大きな利益を得ることが投資で勝利するポイントです。

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れ

水曜日, 1月 30th, 2013

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れの解説は、上昇相場が続いている時は悪材料が出たとしても押し目になる程度であり、一方で下落相場が続いていると好材料が出ても少し戻す位であるため、上昇相場の時に売りで、下降相場の時には買いで入らないことが大事です。この格言が言いたいことは、相場の勢いには逆らわない方が良いということです。上昇相場で悪材料が出た場合には、押し目買いの良い場面ということができ、下降相場では戻りの場面では売りで入った方が良いといえます。


為替相場においては、その時々のトレンドに基づいた売買が基本であり、理屈で動くものではありませんし、余程大きな材料がない限りトレンドは変わらないです。為替市場は理屈ではなくその時々の投資家の心理によって動くものであるため、トレンドに逆らって売買を行うことは避けたいものです。相場が上昇しているのか下降しているのかを冷静に判断し、流れを見極めるのは経験が必要というのが、上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れの格言が生まれた背景であります。

二番底は黙って買え

水曜日, 1月 30th, 2013

金融商品の取引で利益を出す為の、最も基本的な事は何であろうか。それは安値で買い、高値で売るという事である。そしてそれを実行に移す為には、安値・高値の傾向を見極める必要があるのである。安値の傾向を捉える格言の1つに、二番底は黙って買えというものがある。この格言は、相場変動の最安値を示すものとされ、買いを入れる急所と呼ばれているものである。金融取引において必ず押さえておきたい、重要な相場の兆候である。そこで、この格言の解説を以下に記述する。


この格言は、下げ相場から上げ相場へのトレンドの変化を捉えるものである。下げ相場においては、対象の金融商品の値段は徐々に低下して行く。そして底値を付けた後に、買い得感から上昇に転じ易くなるのだが、この際に一気に反発せずに再度、底値に近い金額を付ける事が多いのである。この二度目の底値を、二番底と呼ぶ。この二番底の後は、本格的に相場が回復し上昇気配に転じる事が多い為、二番底近くはまさに買い時と言える。この買い時の事が、二番底は黙って買えとの格言で示されているのである。

半値八掛け二割引

水曜日, 1月 30th, 2013

半値八掛け二割引ということばがありますが、これについての解説します。この言葉はその昔大阪の薬問屋や繊維問屋が商品を買い叩くあるいは投売りする時にい使っていたいいまわしです。つまり引き合いが無い時にはまず半値に値引きをするが、それでもダメならそこから8割の価格=2割引きにし、さらに売れなければ2割の値引きをするという話です。結局元値の32%程度が底値の目安であることを示している話で、こういう言い方をしているわけです。


この言葉はその語呂の良さから広まったのではないかといわれていますが、確かに特別な科学的根拠性はありません。天井からの下落率でいうとフィボナッチ比率が使われますが、半値の50%以外は共通性はありません。ただ、いずれにしてもこういう底値の目安というものをなんとなく市場のトレーダーは持っているということを知ることが重要だろうと思います。したがってある程度の底値感を市場参加者が認識し始めると逆方向に動き出す機会が訪れると考えておくのがいいのでしょう。

大きく戻す相場の下値は浅い

水曜日, 1月 30th, 2013

為替取引はチャートによって取引することも多く、チャートで今後の動きを予想することも大いにあります。ここではチャートの解説を少ししてみたいと思います。相場に関して、一方的に為替レートが進行しのちに大きく値を戻すシチュエーションがあると思います。これはそこに売り買いのサポートがあったり、押し目を狙った多くの投資家がそこでの値段を支えているからそういったことが起こるのです。そのサポートは強力なものでそれ以上値が進まないことが多いです。


このように、相場が動いた後に大きく戻す相場の下値は浅いといってもいいでしょう。にもかかわらず、大きく崩れていくためにはそれ相応の大きな力が必要であると思われます。そういったことは滅多にないため、サポートライン周辺では、大きく戻し、下値が浅いということが多いと思われます。こういった相場を狙い取引をする投資家も多いため、チャートを見ることは非常に重要なことだといえます。また、常時、チャートを見続けることは不可能に近いため、メールなどでシグナルを配信してくれるサービスを利用するのもよいと思われます。

売りは迅速、買いは悠然

水曜日, 1月 30th, 2013

取引における格言のようなものに売りは迅速、買いは悠然というものがあります。この言葉の解説をしてみると取引の特徴がよくわかります。相場は投資家心理がものすごくあらわれます。買う場合はできるだけいいポジションで仕込みをしたいので、値段が下がってくるのをゆっくり待つことになります。儲けの幅を出来るだけ大きくしたいからです。ここで上手く購入できればあとは上昇を待つだけです。ここでもあわてて利食いをすることはあってはなりません。


そして利食いのポイントにきたら、即座に売ってしまうことです。特に高値で動きが不安定になったら売り時です。この時投資家は早く利益確定したいので一斉に決済に入ります。また反対に動いてしまった場合も損は大きくしたくないので、決済が集中します。ですから値段はものすごい勢いで下落していきます。損が大きくならないうちにすばやく決済しないと額が大きくなってしまうので、売りは迅速に行う必要があるといわれています。