Archive for 1月, 2013

売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし

水曜日, 1月 30th, 2013

相場や金融取引において、”売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし”という格言がある。この格言は、取引に於いて陥り易く、また慎むべき心理状態の解説が込められたものである。では、その慎むべき心理とはどういったものであるのか。相場の具体例も挙げて、考えて見る事にする。取引における売買においては、少しでも儲けたい・結果を出したいという心理が働き易く、どうしても拙速な売買をしがちなのである。この心理が強く働いている際に犯しがちなのが、一発を狙った大きな売買を一度にしてしまう事である。


しかし言うまでも無く、相場の変動に絶対の動きは存在しない。例えば底値と考えて買いを入れた後、さらに下げ相場になったとする。この場合、一度に大きな買いを入れていれば、大きな損失を被ってしまう上に、事後の対処の方法まで狭めてしまうのである。そこで少なくとも2度に分けて、手を下す必要があるのである。期待した値動きとならなかった場合でも、残した資金を使って事後の対処を行ったり、事後の対処で損失を抑える事が可能になるからである。FXにおいては、一度にポジションを建てる事のリスクを考え、一旦小さくポジションを建ててから次を考えるという手法で応用する事が出来る。

頭と尻尾はくれてやれ

水曜日, 1月 30th, 2013

相場の格言は色々ありまして、頭と尻尾はくれてやれは有名な格言の一つです。投資家なら誰もが最安値で買って最高値で売ろうと考えるものですが、それを考えていると得てして売買のタイミングを逃してしまいやすく、場合によってはポジションが利益が出ていても損してしまうこともあります。この格言の解説は、利益を最大限に得ようとせず、腹八分目で確実に利益を確定させること、つまり欲をかかず心に余裕を持つことが大事であると説いています。


プロの投資家であれ、相場の底(安値)や天井(高値)は誰にも分からないものであり、底や天井は後に分かることが多いものです。頭と尻尾はくれてやれと同じ意味を持つ格言としては、一文惜しみは天井逃し、天井売らず底買わずが挙げられます。外為市場をはじめ相場の世界では、色々な相場観を持った投資家が参戦しており、自分の理屈や分析通りにいかないことが多々あります。底で買おうとするなら相場が上昇した時、天井で売ろうとするなら相場が下落したのを確認してから売買を行うのが良い手法です。

いのち金には手をつけるな

水曜日, 1月 30th, 2013

いのち金には手をつけるなの解説は、自身が考えていた相場観と違う方向に行ってしまい、生活に困ってしまう程大きな資金を投入して投資を行なってはいけないと言うことです。いのち金とは余裕のない資金のことを意味し、余裕のない資金で取引を行なうと冷静な判断ができなくなってしまい、負ける確率の方が高くなってしまいます。FX取引をする場合には、余裕資金で行うと冷静な判断ができるため、安心して運用することができます。


目先の生活において必要とされるお金、例えば家賃や子供の学費、老後の生活資金については手を付けてはなりません。FX投資において大きな含み損を抱えてしまったり、マージンコールに引っ掛かった場合、追加の証拠金を入れるケースが多いですが、目先の生活に必要なお金をつぎ込むことだけは避けたいものです。FX取引で失敗し損失を取り返そうとするも上手くいかず、いのち金にまで手を出してしまうことはよく聞きます。いのち金には手を付けず、余裕資金が出来てからでも取引は何時でもできるからです。

FX情報商材は買ったら負け

水曜日, 1月 30th, 2013

FX情報商材は買ったら負け。確かに情報商材といっても丁寧なものからそこらへんの参考書が写されたようなレベルの低いものまでいろいろとあるのは事実でひとくくりに評価するのは難しいのですが、一般的に言ってFXは数十年やっているプロでも先を見通すのは難しいわけです。それを数千円から数万円の情報商材だけで短期に儲けられるようしようというのに無理があります。そこを良くお考えになるべきだろうと思います。


確かに用語を覚えること、トレードラインの形から来る経験的な状況などいくつも覚えなくてはならないことは多いものです。しかしそれらは書籍を数札読めばほとんどが理解できるものです。特定のシステムトレードに関しても人間が介在する外的要因で動きの出るFXの世界に絶対という言葉はありません。そのあたりをよく理解して何に投資をすべきかを精査されることが重要なのではないでしょか。一朝一夕に儲けがでることはFXの世界にはありえないことだけは知っていて欲しいものです。

FX業者の選定がとても重要

水曜日, 1月 30th, 2013

FXを始めるにはまず、トレードを行うFX業者を選ばなければなりません。FX業者なんてどこも同じと思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。FX業者にはそれぞれ、スプレッドが狭い、スワップが高い、約定力が高いなどといった特徴があります。FXで勝つためにはFX業者の選定がとても重要になってきます。FXを始める際には、自分がしたいトレード、自分のトレードスタイルに合っているFX業者を選びましょう。


FX業者を選ぶ際に、まずチェックしておきたい点は、スプレッドの狭さです。スプレッドは、いわば為替取引をするときに必要な手数料です。つまり、スプレッドは狭いほどコストが低くて済みます。スキャルピングなどの短期間のトレードを数多くこなすトレードスタイルの方は、スプレッドの低いFX業者を選ぶようにしましょう。また、スワップ目的のトレードをメインにされている方は、スワップが高いFX業者を選ぶことで利益が増えます。このように、FX業者を選ぶ際には、必ず自らのトレードスタイルとFX業者の特徴を考慮しましょう。

安全に長く運用したい人はスワップがおススメ

水曜日, 1月 30th, 2013

FXにおいて様々な投資法があるといえるでしょう。その中でも長期的に運用し、リスクを最小限に抑える投資としてはスワップ金利を利用することが必要でしょう。安全に長く運用したい人はスワップがおススメと言えるでしょう。これはどれだけの期間でどの程度利益を得たいかということによって投資法を選択する必要があるといえますが、資産を多く持っていてそしてその数パーセントを年間に利益を得るという目的で運用するならばスワップが良いでしょう。


多くの人はFXへの投資資金としてそれほどの資金を用意することが難しいと言えるために、短期的にリスクの高い運用法を選択せざるおえないという状況と言えるでしょう。しかしFXへの投資初心者にとってはこのようなリスクの高い投資法は危険がさらに高まるために、最初は我慢してリスクの少ないスワップ金利狙いなどの投資法をする必要があると思われます。このようにその人の資産の状況によって投資法を選択する必要があります。

すぐ利益が欲しい人はスキャルピングがおすすめ

水曜日, 1月 30th, 2013

今すぐ利益が欲しい人はスキャルピングがおすすめです。差額がそのまま利益になるスキャルピングをFXで実践することで、短期間で大きな利益を得ることができます。FXの最大の魅力は少ない証拠金から始めることができる点です。1万通貨からスキャルピングを始めることで、たった一日で数千円から数万円の利益を確定させることができます。常勝のトレーダーはスキャルピングだけで毎月、多額の利益を確定させることができるので、働かなくても生活することができます。


これから投資で利益を得ていくことを決めたのならば、まずは実際に利益を生み出してるトレーダーの手法やノウハウを学ぶところから始めるべきです。スキャルピングはハイリスクハイリターンの手法なので、いかに損を減らし、利益を拡大させることができるかが勝負のポイントになります。凄腕のトレーダーはロスカットと利確のタイミングをルール化することで、確実に利益を生み出すトレーディングスタイルを形成しています。そのやり方を学び、実践することで、すぐに利益を生み出すことができるのです。

FXの投資スタイル

水曜日, 1月 30th, 2013

FXには投資スタイルがあります。短期投資が向いている人もいれば中期投資のスタイルが一番理にかなうと考えるトレーダーも多くいます。のんびりとした性格で時間をかけて利益を稼ぐことを希望するのならば長期投資が向いています。自分自身の性格は短期かそれとも長期か、せっかちかのんびりかをきちんと見極めることで、稼ぎやすい投資スタイルは段々とわかります。数多く存在するFXの投資スタイル一覧を参照することで、自分に適した投資スタイルを確立することをオススメします。


FXの短期投資が向いている人は、一分単位で利益を生み出すことができます。たった一分で何十万から何百万円もの利益を稼ぐことができるのです。そのような投資スタイルに適したテクニカル手法を学ぶことで、効率良く短時間で大きな利益を生み出すことができます。反対にのんびり投資したい長期投資派のトレーダーは、ファンダメンタルズを学ぶことで将来的に大きな利益を生み出すことができます。どちらも一長一短ありますので、自分の性格に合うトレーディングスタイルを見つけることをオススメします。

FXで勝つのは簡単 勝ち続けるのは至難

水曜日, 1月 30th, 2013

相場の行方を知っているのは神だけです。FXで勝つのは簡単ですが、勝ち続けるのは至難といわれる理由はそこにあります。どれほど腕の立つトレーダーであっても損を出すことはありますし、初心者でありながら一回の取引で大きな利益を生み出すこともあります。それがFXです。しかし、FXの世界には常勝トレーダーといわれている存在が確かにいます。彼らは自分だけの黄金のルールを作ることで、安定した利益を毎月生み出しているのです。


常勝トレーダーが守る原則はたった一つです。それは損小利大です。ロスカットするべき基準を明確にすることで、損を一定の割合以下に抑えているのです。反対に、利確をするときも明確な基準を設けている常勝トレーダーは、どのような状況であっても感情に流されず、冷静に判断を下しています。感情的な取引は失敗につながりやすいですが、ルールを設けてその通りに取引をすることで、失敗の確率は格段に減っていくのです。これからFXで利益を稼ぐことを検討しているのならば、まずは損小利大という大原則を覚えておくことをオススメします。

FXとは

水曜日, 1月 30th, 2013

多くの方が給料以外の収入を得る事を望んでおります。その手段として投資を選択される方が多くいらっしゃいます。書店に出かけると投資に関する特集を掲載したビジネス雑誌や、投資専門雑誌が多数販売されております。インターネットには投資方法を説明した個人作成のホームページやブログが多数公開されております。投資に関する情報を簡単に入手する事が出来て、これから投資を始めようと考えている人も多くいらっしゃると思います。


投資にはいろいろな種類がありますが、その中でも一番人気があるのがFXです。FXとは外国通貨の売り買いによる差額にて、利益を発生させる投資方法です。FXは取引ルールが比較的理解しやすくて、かつ運用資金が少なくても挑戦出来るので初心者には最適です。いろいろなFX業者が参入しており、取引手数料の安さや豊富なアプリケーションの提供をアピールして、新規契約者の開拓を行っております。投資タイミングをきちんと読み取れば、誰でも利益を発生させる事が出来ます。