大きく戻す相場の下値は浅い

Posted On: 水曜日, 1月 30th, 2013 at 6:12 PM

為替取引はチャートによって取引することも多く、チャートで今後の動きを予想することも大いにあります。ここではチャートの解説を少ししてみたいと思います。相場に関して、一方的に為替レートが進行しのちに大きく値を戻すシチュエーションがあると思います。これはそこに売り買いのサポートがあったり、押し目を狙った多くの投資家がそこでの値段を支えているからそういったことが起こるのです。そのサポートは強力なものでそれ以上値が進まないことが多いです。


このように、相場が動いた後に大きく戻す相場の下値は浅いといってもいいでしょう。にもかかわらず、大きく崩れていくためにはそれ相応の大きな力が必要であると思われます。そういったことは滅多にないため、サポートライン周辺では、大きく戻し、下値が浅いということが多いと思われます。こういった相場を狙い取引をする投資家も多いため、チャートを見ることは非常に重要なことだといえます。また、常時、チャートを見続けることは不可能に近いため、メールなどでシグナルを配信してくれるサービスを利用するのもよいと思われます。

Categories: FX格言集

Leave a Reply